【漫画】『ヒロアカ』第163話「燻る炎」【感想】

2018年2・3号(12月11日)の週刊少年ジャンプ『僕のヒーローアカデミア』第163話「燻る炎」の感想&ベストシーン紹介です。
スポンサードリンク


出久たちがインターンから帰ってきました。
寮へ戻ると1-Aの皆が出迎え!「帰ってきたァアアア!!! 奴らが帰ってきたァ!!
帰ってきた
見開きには常闇、爆豪が居ませんね。

上鳴「おまえら毎度凄えことになって帰ってくるな 怖いよいいかげん!
デクは主人公だからしょうが無いかもだけど、一応学生だし結構やばいよね、しかも1年生だし

待ちたまえ
飯田「皆心配だったのはわかるが!! 落ち着こう!!
飯田くんステイン戦から随分と成長しましたね。あの中で一番出久の気持ちを理解しているのは飯田くんかな

出久はサー・ナイトアイの言葉を思い出し笑顔で「大丈夫」と伝える「じゃあいいかいいんだ
委員長の止が無くなり1-Aの全力のお出迎えを行い、砂糖は自家製のガトーショコラを出久の口に詰め込む
プリプリ
ヤオモモプリプリしてカアイイ

その時、麗日はインターンでの反省をしていた、
あの時…もっとやれる事があったんじゃ…って
おまえはしっかりやれる事をやってくれた。」 「すぐに前を向けとは言わないが…これを受けて自分がどうしたいか考えてみてくれ
後悔と将来
お茶子はほとんど地上に居たけどちゃんとヒーローしてたよ!あの登場のしかたカッコよかったし

心配そうに「大丈夫?」と聞くせつしまじゃなくて切島に聞く芦戸、 切島「……まだまだだわ」「そっか
大丈夫?
なんだこの挨拶は! 素っ気ないような親密なような

誰とも話すこともなくソファーで聞き耳を立てる勝っちゃん。上鳴が話をしに来るも足来、寝室で向かう「寝る」それに続き轟も寝室へ
早いな~
20:32って本当に早いね、仮免頑張れ!

そして朝。制服に着替え仮免講習所へ向かう
バスの前で待っていたのはオールマイトとプレゼントマイクの二人
遅せーーーよ
マイクのあの服は普段着なの?仮免でヒーロースーツはいらない?から普段着か?凄いファッションセンスだ

引率は相澤先生の予定だったが昨日の事件絡みで急遽代わりにオールマイトとマイクに変更されたようです。理由は壊理ちゃんの個性”巻き戻す”の関係で相澤の個性が必要
おぉ!じゃあ壊理ちゃんが個性コントロールが出来るようになればミリオの個性が復活するのか!

回想[オールマイトとグラントリノの会話に]
グラントリノの報告によると黒霧の捕獲は完了した、だが黒霧が会いに来たギガントマキアは取り逃がしてしまった。
歩く災害
すぐに増員し戻ったが遅かった… 現在も捜索は続いている
デカイだけじゃなかった!一体どんな個性を持っているのか…


仮免講習所に到着し先生方と別れる
オールマイトは観覧席へ向かうため階段を登ると、現れたのは現No.1ヒーローのエンデヴァーが居た
おや… 元No.1ヒーローじゃないか 焦凍の引率ご苦労 ちょうどいい貴様とは腰を据えて話したいと思っていた
予感的中
察してマイクはその場を離れる。その時轟少年はというと、アンチエンデヴァーの士傑高校生の夜嵐と会っていた、その場には士傑高のケミィや肉倉も居た
生きてたんだ

講習終わった後もひと波乱ありそうですね。あとケミィ生きてたんだ、てっきりトガちゃんに殺されたのかと思っていたよ。ケミィは今回の再試験のこと、どう思っているんだろう?自分は不参加だったのに… 次回説明されるかな


次回煽り「こいつらの長い1日が始まる!!

購読ボタン

スポンサードリンク

コメントを残す