『僕のヒーローアカデミア One’s Justice2』開発者インタビュー|ゲームオリジナルのエンディングとなっている

 バンダイナムコエンターテインメントから2020年3月12日(木)発売のPS4,Switch,Xbox One(DL版)用ソフト『僕のヒーローアカデミア One’s Justice2』について、開発プロデューサーの宮崎さんがWorld King Kanjiさんのインタビューを受けました。
本記事のインタビュー部分の文章は動画の文字起こしと、英語原文による翻訳が混ざっています。多少の誤訳とニュアンスの違いは予めご了承ください。
スポンサードリンク

 2月25日にYouTubeのWorld King Kanjiチャンネルにて公開された動画では『僕のヒーローアカデミア One’s Justice2』の開発プロデューサーの宮崎あおばさんへ5つの質問をしたインタビュー動画が見ることができます。

 動画冒頭ではインタビューを行った経緯や、その様子などを話しています。インタビューは開発プロデューサーの宮崎さんと投稿者のWorld King Kanjiが通訳を間に入れて行ったらしく、通訳越しでも、彼女のヒーローアカデミアに対する熱を感じたとWorld King Kanjiは語っている。

── 前作との違いはありますか?私がデモでプレイをしたときは前作と同じモデルが使用されているように感じました。前作からの流用なのか作り直したのか教えて下さい。 ──

宮崎:前作のキャラクターは一部、技が治っているか、更新されているものもあります。それ以外のキャラクターも前作からゲームシステム自体を変えているので、実際に遊んで頂けると手触りがかなり前作と変わっています。
それに合わせて、対戦アクションとして成り立つように調整を入れています。

全キャラクターに手を入れています。

── スクリーンショットを見ましたら、融合したオーバーホールや100%フルカウルのデクなどが写っていました。ストーリーモードでは原作のどこまでを収録していますか? ──

宮崎:今回のゲームでは死穢八斎會編の最後までを収録する予定ではいます。ただ、ゲームとしてはオリジナルのエンディングとなっているので是非、ゲームならではのストーリーのラストをチェックして欲しいと思います。
One’s-Justice2-100フルカウルデク
2種類あるのでヒーローサイドとヴィランサイドで

── キャラクターのカスタマイズは大好きな機能です。カスタマイズ機能の詳細を教えて下さい。 ──

宮崎:前回よりもカスタマイズの数が倍以上に増えています。
倍以上に増えたので、UIを使いやすく調整をしています。前作よりも確実にパワーアップはしているので是非、カスタマイズで楽しんで欲しいなと思います。
One’s-Justice2-死柄木弔-カスタマイズ
組み合わせが多すぎてデバックに凄い時間がかかりました。

── 答えづらいとは思いますがお聞きします。キャラクターDLCの予定はありますか? ──

宮崎:まだ未定です……

── 格闘ゲームではアクションを見せるだけでなく対戦時間を持続させるように調整されていると思います。ヒーローアカデミアでは多くの”個性”が登場しますが、そのへんはどうでしたか? ──

宮崎:開発のスタッフがとても優秀なので、『このキャラクターを使いたいです』と要望を出すと、ちゃんと対戦アクションとしてバランスを取りつつ、原作ファンが遊んだ時に『オーバーホールだったらこういう動きするよね』とちゃんとお客様が納得できるようになっていると思うので、
One’s-Justice2-オーバーホール10
大丈夫です!

── ありがとうございました ──

宮崎:ありがとうございました。

関連リンク
全キャラクターに手を入れているっと言われてもコピペ感は否めない
まあ、こういうことは実際にプレイしてからだ!

購読ボタン

スポンサードリンク

コメントを残す

日本語の含まれないコメントや、URLが含まれたコメントは投稿できません。(スパム対策)